日本で唯一のFTD製造開発メーカーとして、開発、製作から保守整備まで一貫して行う。海外製FTDの輸入、保守も開始!     since 1998

 Flight Simulator

by 日本ビーテーエー株式会社

  お問い合わせ E-mail  : info@fs-device.com
 

本社
加須工場

Tel  03-3253-4604
Tel 
0480-65-1225

2017 JULY   VRヘッドマウントディスフレイ対応フライトシミュレーター VR-Chair Pro シリーズを発売しました。製品ラインナップは、VR の体感を追求した“ Feel (フィール) ”と 実機の操縦感覚を追求した“ Real (リアル) ”の二つ。     日本で唯一のFTD製造開発メーカーとして開発、製作から保守整備まで一貫して行っております。海外製FTDの認定取得、保守もお任せください。     プロのパイロット養成、訓練機材としての操縦訓練用  計器の動き、プログラム解析などを学ぶ実習用機材としての教育・訓練用、操縦体験を楽しみたい方、空港イベントの体験型。大きく分けて固定型とモーション付きのFS-Chairの二種類があります。

HS21


HS21 単座式回転翼シミュレーター


 現在はMuseum型としてAmusement Useでのみ製造販売している
 HS21ですが、現在、回転翼のProfessional Useでのシミュレーター
 開発をしました。

 FS2004やFSXではBell 206B JetRangerV と Robinson R22がデフォ
 ルトとなっており、HS21 Museum型は Bell 206B を シミュレートして
 おりますが、Add-on ソフトも豊富で、それらを用いれば Robinson R44
 でも、Schweizer 300Cでも Eurocopter AS350 でも、お好みのヘリコ
 プターに設定することができます。

 操縦訓練ではAS350をシミュレートしております。

 離陸、着陸、ホバリング (地面効果がある場合、ない場合)、上昇、巡
 航、降下、旋回、ドリフト、オートローテーション、後退翼失速、テール
 ローターの破損の際などの操縦感覚も運動特性も景色も非常にリア
 ルです。 訓練用、博物館展示用など、目的により 仕様は 種々 変更
 されます。博物館の場合、スピーカーから 自動的に 操作の音声ガイ
 ダンスが行われます。

 ( 博物館展示・イベント用 HS21-M詳細 (PDF) )


 Bell 206、Bell 407、Robinson R22、Robinson R44、Robinson R66、Eurocopter AS350 を模擬するシミュレーターです。
 現在、博物館、イベント用に対応しておりますが、操縦訓練にもお使いいただけるよう、開発・製作を開始しております。
   離陸、着陸、ホバリング、上昇、巡航、降下、旋回、ドリフト、後退翼失速などの操縦感覚や運動特性もリアルです。

 3画面表示による 120゚の視界は臨場感を高め、さらに
 右下45度の映像により離着陸の操作がより利便になります。

 
 実機の Gauge 配列を模写し、IFR 飛行にも対応出来るよう
 Bug SW が 各メ−タ−に 設置されています。またメインパ
 ネルは容易に脱着できますので お好みの機体に変更できます。